<ヨシ爺とゲン君の釣り紀行。初代アンディー君と一緒。アンディーと暮らす> 
「最愛のゲン太君」

■1990年の秋から、2002年の冬まで一緒だったゲン太君。凄く可愛いくて頭もよくておとなしかった。亡くなってから既に11年にもなる。でも、好きで好きでしょうがなかったゲン太君を忘れる事は無い。
お店をやっていた頃は、毎朝の出勤も退社も一緒。休日の殆どが釣り旅だった。食事から寝るまでもが一緒だったのです。

俺の心は全て承知していた。
しかし、いろんな事情から最後の3年間ほどは離れて暮らす事が多くなっていた。それだけが、今でも悔いが残ります。
何時か又、ゲン太君と同じトライカラーのセッターと暮らしたいのが夢です。
この写真は、2001年の7月。
最後の釣りでした。
「アンディー君」

■この写真は、2001年の夏頃かな。ゲン太君が年齢的にも弱ってきた頃に、兄貴が何処からかニ匹のセッターをもらってきたのだ。
ゲン太が居るからいいと言ったのだが、死んでしまったらショックが大きいとの事で飼う事にした。その場所は、俺が住んでいた山小屋だった。

半年ぐらいまでは、凄くやんちゃで可愛かった。ところが、だんだんと性格が荒々しくなってきました。子供を見ると飛び掛る。その内には、人を見るたびに襲い掛かるようになってしまいます。

私の手には数十箇所の咬み傷が残っています。そうなんです!誰彼と無く見境もなくなってしまったのです。そして事件が起きて、止むを得ず天国に旅立ちました。
「アンディーちゃん」

■この写真は、2008年1月2日のものです。初代アンディー君と瓜二つです。其れもその筈、兄弟なのです。二年前に、仔犬を二匹き連れてきたとき、私は、オスのアンディーを引き取りました。残ったメスのセッターは、兄貴の家に引き取られた。

止むを得ない事情とは言え、可愛がっていたアンディーを失った償いに、瓜二つの兄弟を譲り受けたのです。名前もついていなかったので、同じアンディーとしました。
もう今年で3年ぐらい過ぎたかな。だから生後5年ぐらいです。今では、何処に行くにも私のそばから離れません。アンディー君も車が好きだったけど、このアンディーちゃんも同じだ。お陰様で、車の中は犬小屋と化しています。


それにしても、雪遊びの結果はこの通りです。部屋の中は水浸しだ!
 
アンディー日記1 アンディー日記2 アンディー日記3 アンディー日記4 アンディー日記5  ◆アンディー日記6  ◆アンディー日記7
アンディー日記8 アンディー日記9 アンディー日記10 水無川アンディー ◇ 伊南川アンディー  ◇ゲン太とアンディー  ◇ラスト伊南川
 動画 ● イングリッシュセッター。ラッキーちゃんの日々
2017元旦 イングリッシュセッター。ラッキーの大空トライアル!