ゲン太君「ブルーベリーファーム」 百姓日記
お父さんの畑で作ったブルーベリーは、凄く美味しいよ。カクテルも最高だね!!
 
 
my  blueberrye fame





my  blueberrye fame





my  blueberrye fame





my  blueberrye fame





my  blueberrye fame

この地は福島県須賀川市岩瀬地区。奥羽山麓の近くにあります。またもやヨシ爺は、懲りずに畑を耕し始めました。

大好きなブルーベリーを育てるためです。もちろん商売ではなく、日々育つ樹木を見ることで、明日への意気込みが出るからです。








「借地畑で人生開幕」
20年ほど前に、山暮らしを始めたときにブルーベリー50本を植え込んで手入れしました。酸性土の地質があったのか、どんどん成長して株分けで100本まで増やしました。私はパンが好きなので、摘み取りはもちろんですがジャムを作るのが主な目的でした。製品にした方が長持ちできるし販売もできますからね!

でも、2010年に諸般の事情により山暮らしを撤退して街中に戻ってきました。
家の隣は国道。前はショッピングモール。夜中まで騒音のオンパレード。夏の夜などは、うるさくて窓も開けられませんよ

やっぱり自然の仲がいいです。
ふとしたきっかけから、休耕地の畑一反歩(約300坪)を借り受けました。
年間借地料金は一万円。ラーメン好きの私を見て、月ラーメン一杯分(850円)だそうです。





 <タラの挿し木。でも水不足で全滅!>  <依然育てていたBBを鉢から畑に植え替えた。>  <201606完成。畑の中の休憩場所>
 
ガンコウラン?美味しくない!   BB苗木床除草  二年目の収穫50粒
 
 20160617ミニトマト150円   20160617赤カボチャ30円苗   20160617BB畑50本


「2016年6月17日の畑」
ようやく梅雨期に入ってきました。
ブルーベリーの早生種は、少しづつ実ってきましたよ!と言っても、3年目の苗木を植えてから二年が過ぎたとこなので、後二年ぐらい過ぎないとびっしりとはならないですね。

それでも、日増しに成長している樹木を見ていると、がん闘病なんて忘れてしまいます。畑の畝一本ごとにジョイナー(鍬)で刈った切除草をしながら、一粒。二粒と、摘み食いして美味しく戴いています。

脇芽も出始めたので、スコップで断絶して置き、二週間ぐらい過ぎたら植え替えます。こうして増やしていきます。現在は幼木を含めて50本となりました。




「人生の区切り」
わたしゃ既に69歳と3か月になります。2015年4月から、がん治療放射線を開始して、7月6日に直腸がん手術をしました。それから人工肛門を付けて過ごした7か月は地獄でした。2016年2月14日。人工肛門封鎖手術をしてようやくマトモナ体になりました。でも、以前のように戻ったわけではありません。朝の食事は普段と同じですが、お昼はできるだけ少食にしています。何故なら、仕事中にトイレに行きたくなると困ります。一回では終わらずに、3階から5回ぐらいトイレに駆け込むからです。家に帰っての夕食は、普段より多めにとってトイレタイムを待ちます。
農作業中にトイレをモヨウしても困らないように、畑の中にレストルームを造りました。農作物は殆どないので、週末に通う主な作業は草刈です!!






ブルーベリーの効用。


   最近、目にいいといって注目されているブルーベリー。
 ブルーベリーは、北欧の森林や草原北米やカナダの砂地に生育する、つつじ科の低木で多年草の植物です。
春に白い花をつけ、夏頃小粒の実を結び熟すと紫色になり、灰白色の粉でおおわれます。日本でも長野県や
千葉県などで栽培されています。古くからこの実や葉のエキスは、壊血病、泌尿器病、糖尿病などの治療に使
われていました。

  第二次世界大戦中、ブルーベリージャムを食べていた英国空軍パイロットが、夜間出撃の際、[薄明かりの
中で物がよく見えた]という証言に基づき、その実の生理機能が注目されはじめました。特にブルーベリーと目
の関係についての研究はフランスやイタリアで行われ、その結果、ブルーベリーの紫色の色素(アントシアン)に
効果があることが報告されました。
  フランス空軍の軍医は、戦闘機とヘリコプターのパイロットにアントシアニンを与えて、まぶしさや目のくらみな
どを中心にした夜間の視覚実験をし、その効果を、1967年5月のフランス航空宇宙生理学医学会会誌で発表し
ています。その中で軍医団は、人間の目の網膜に存在する紫色色素体が、昼間(明るい場所)では破壊されてし
まい、チラチラしたり、急に暗所に入ると物が見えなかったりし、視野も狭くなってしまいます。(暗所から急に明る
いところに出るとあまり見えないのも同じ原理。)
しかし、アントシアンはこの紫色色素体の破壊を防止して、暗闇への順応  力を促進している、と結論づけています。

  ●標準的な摂取量
アントシアンの摂取量は1日120〜250mg(生のブルーベリーで120〜250g)でよいと言われ、作用は鎮
剤と同じで食べた時だけ効果があり、習慣性はありません。

  ●含有食物
アントシアンはブルーベリーだけではなく、紫色をした果物や野菜、たとえばブドウの巨峰やナスなどにも含まれ
ています。ただし、アントシアンは果皮と果肉の間にある成分なので、巨峰も皮のまま食べなければ摂ったこと
にはなりません。

  ●生理機能
   現在までに明らかになった生理機能はつぎの通りです。
   1. 網膜のロドプシンの再合成促進、暗順応促進
   2. 毛細血管保護作用
   3. 抗潰瘍活性作用
   4. 循環器系機能の改善
   5. 抗炎症作用
   6. ラジカルスカベンジャー活性作用

  ●成分
生理活性物質としては赤色色素成分であるアントシアニジン配糖体が知られています。これは、5種のアントシア
ニジンに3種の糖がそれぞれ1個結合したもので、それぞれの組み合わせにより15種類が確認されています。

  ●こんな方はブルーベリーを食べましょう。
   * OA機器(パソコン等)をよく使う人
   * 受験生
   * 自動車を運転する人(特に夜間及び長距離、長時間)
   * 各種機械・器具の運転、取り扱われる人
   * 夜間労働する人(工事従事者等)
   * プロ・アマに関わらず、スポーツをする人
   * 目が疲れやすい人
   * 手先の細かい作業が必要な人(手芸、編み物等)